2017年2月23日木曜日

「リンゴの丘のベッツィー」の文体

英語の翻訳を重ねていると、作家によって文体が異なることに気づかされます。
  
簡潔な短い文で畳み掛けるように書く人もいれば、くり返しによってリズミカルな雰囲気を出す人もいれば、修飾表現を次々に書き加えて、とにかく一文が長い人もいます。
  
そんな中で、現在翻訳作業中の「リンゴの丘のベッツィー」(ドロシー・キャンフィールド・フィッシャー作)の文体的な特徴はと言えば、会話になっても改行しない、ということでしょう。
  
例えばこんな感じです。

 エリザベス・アンは、アンおばさんの言葉に背中を押されたかのように、さっと流しまで飛んでゆきました。するとあっという間に、皿も、カップも、スプーンもきれいになり、気づけばもう、格子柄のタオルで食器を拭いているところでした。「スプーンはサイドテーブルの引き出しでほかの銀食器と一緒にして、お皿とカップはガラス戸のついた陶器用の食器棚の中にしまってね」さらにアンおばさんは、アイロンをナプキンにぎゅうぎゅうと押しつけながら、ちらりとも顔を上げずに言いました。「部屋を出る時に、リンゴを忘れずに持っていってね。〝ノーザン・スパイ〟は、今がちょうど食べごろよ。十月に木からもいだ時には、オークの厚板だってぶち抜けるほど硬かったんけどね」
  
一般的には会話部分を改行して、こんな感じになるところでしょう。
  
 エリザベス・アンは、アンおばさんの言葉に背中を押されたかのように、さっと流しまで飛んでゆきました。するとあっという間に、皿も、カップも、スプーンもきれいになり、気づけばもう、格子柄のタオルで食器を拭いているところでした。
「スプーンはサイドテーブルの引き出しでほかの銀食器と一緒にして、お皿とカップはガラス戸のついた陶器用の食器棚の中にしまってね」
 さらにアンおばさんは、アイロンをナプキンにぎゅうぎゅうと押しつけながら、ちらりとも顔を上げずに言いました。
「部屋を出る時に、リンゴを忘れずに持っていってね。〝ノーザン・スパイ〟は、今がちょうど食べごろよ。十月に木からもいだ時には、オークの厚板だってぶち抜けるほど硬かったんけどね」


もちろん全部が全部こうなのではなく、普通に会話部分で改行する場合もあるのですが、文中に埋め込む度合いがとても高いのです。

特に小さいお子さん向けに訳された本の場合は、原著の段落構成は無視して、読みやすいように改行されることが多いようですが、《望林堂完訳文庫》では、基本的に原著に忠実に翻訳することを目指していますので、こうした文体もそのまま活かしています。

慣れないと多少読みにくいかもしれませんが、それも作品(あるいは作者)の特徴であると思っていただけると嬉しいです。
  
  

2017年2月12日日曜日

「リンゴの丘のベッツィー」の挿絵

「Understood Betsy」の邦訳は、過去には 1950年に評論社から「ベッチイ物語」として出版されたことがありますが、今は絶版です。現在入手可能なものは2008年に徳間書店から出版された児童書一種類のみです。
  
この徳間書店の本で、初めて「リンゴの丘のベッツィー」というタイトルがつけられました。 表紙も美しく、挿絵も豊富で、訳も読みやすい、児童書らしい素敵な本です。
  
ただし、「現代の子どもたちにむけて読みやすい表現を工夫した」と「訳者あとがき」にあるように、完訳よりも読みやすさを優先した訳になっており、細かな部分で省略されたところもあるようです。ということで《望林堂完訳文庫》のタイトルに加える意義があると考えました。

さて挿絵については、候補が二種類あります。

ひとつはADA C. Williamsonによる写実的なもの11
 
  
 もうひとつは作者不詳のイラスト風なもの14点
  
  
どちらもそれぞれに魅力的なので、現在検討中です。
  
  

2017年1月27日金曜日

「続・鬱っぷち!」販売開始です!


ご好評いただいています「鬱っぷち!」の続編「続・鬱っぷち!」が、本日よりamazon Kindleストアにて販売開始されました。

2008年9月、教員になって22年、新設校に異動して2年、夏休みが明けて2週間と少しのこの時、がんばってがんばって、がんばった末に力尽き、わたしは仕事に行けなくなりました。それはもう、予想だにしなかった大事件でした。」
    
 精神科に飛び込み、「適応障害」と診断され、病休から休職へと至る最初期の3ヶ月を綴った「鬱っぷち!」。本作は、その直後のお正月から、年度末の3月までを綴った続編です。
 いよいよ服薬も本格化する中で、睡眠障害や体調不良と格闘しながら、自分はどうなってしまったのかという恐怖と、これからどうなってしまうのかという不安を抱えつつ、それでも、再び自分の足で立ち上がろうともがきながら、先の見えない毎日を送っていた時期を描く「適応障害格闘日記」第二弾! 
 著者によるオリジナル・カット70点入り。

「適応障害」なのか「うつ病」なのかギリギリのところにいるので、「崖っぷち」になぞらえて、「鬱っぷち」。

そんな苦悩と格闘の日々が、不思議な夢や、服薬の影響や、さまざまな思いや自己分析とともに綴られています。「鬱っぷち!」とあわせて、ぜひお楽しみ下さい!

2017年1月26日木曜日

次回作は「リンゴの丘のベッツィー」

《望林堂完訳文庫》第20弾は、ドロシー・キャンフィールド・フィッシャーの「リンゴの丘のベッツィー」(Understood Betsy)に決定いたしました!
  
アメリカ・バーモント州の美しく豊かな自然の中で、さまざまな経験を通して成長してゆく一人の少女の物語です。

「赤毛のアン」と並んで読み継がれてきたアメリカ児童文学の名作ながら、日本では今一つ知られていないこの作品を、ぜひきちんとみなさんのお手元に、お届けしたいと思います!
  
桜の咲く頃には、店頭に並べられることと思います。お楽しみに!

  
  

2017年1月14日土曜日

「クリスマス・キャロル」BOOK☆WALKER、DLMarket、iBooks、そしてkoboで販売開始!

Kindleストアに続き、BOOK☆WALKER、DLMarket、iBooksにて「クリスマス・キャロル」が販売開始となりました。Koboも週明けには販売開始となる予定です。すべて、縦書き、ルビ付き、脚注付きです。ぜひお手にとってご覧ください!

追記:koboでも販売開始となりました!

■ BOOK☆WALKER

  
  
■ DLMarket
  
  
■ iBooks
  
  
kobo