2016年1月24日日曜日

「ジキル博士とハイド氏」の二つの文体

「ジキル博士とハイド氏」(1886年)は、それほど長い小説ではありませんが、その構成が少し変わっています。

前半部分は弁護士アターソンを中心とした、三人称形式による物語です。怪しげな霧の都ロンドンを舞台に、謎の人物ハイド氏、アターソンの散歩仲間のエンフィールド、友人のラニョン医師やジキル博士などが登場します。

そしてまわりで奇妙な事件が続き、アターソンは次第に不気味な事件に引き込まれてゆくのです。

そして中盤過ぎからいよいよ謎解きが始まりますが、それはラニョン医師の手紙とジキル博士の手記という、二人称形式の独白文となるのです。どちらもアターソンに宛てた個人的なものです。

そこで今回、邦訳文も前半と後半で変えることにしました。事件を物語る前半部分の地の文は「です・ます調」で進みます。でも後半の手紙部分は「だ・である調」になります。

手紙や手記は古くからの友人に宛てたものなので、「です・ます調」のあらたまった感じが合わないと思ったからです。さらにそこで明かされる異様な真実の描写や説明も、論文的とも言える「だ・である調」の冷静な文体が合っていると考えました。
こうして文体が変わることで、一気にその暗く怪しい真相に引き込まれていただけると嬉しいです。
  
ちなみにこうした文体の混交は、すでに「吸血鬼カーミラ」で試みています。基本的にはある女性の告白/体験記なので「です・ます調」ですが、その中で語られる将軍(男性)の告白は「だ・である調」です。
  
翻訳は現在、まさにその暗く怪しい真相が丁寧に描写されるクライマックス部分に差し掛かっています。抽象的な表現が多くなり一文&一段落の分量が増えて訳すのに時間がかかるようになり翻訳ペースが落ちていますが、少しでもわかりやすい訳になるようにと格闘中です。


完成まで今しばらくかかりそうですが、楽しみにお待ちくださいませ。



2016年1月13日水曜日

次回配本は「ジキル博士とハイド氏」

《望林堂完訳文庫》の2016年第1弾、通算第16弾は、スティーヴンソンによる1886年の作品「ジキル博士とハイド氏」(The Strange Case of Dr. Jekyll and Mr. Hyde)に決定しました。

有名な作品なので、ストーリー的にはすでにお馴染みのものかもしれません。でも、筋だけは知っているけれど作品はきちんと読んだことがない、という方も多いのではないでしょうか。

でもこの作品の魅力は筋だけではありません。ロンドンを舞台に起こる事件は、事件の怪奇性だけではなく、異界に紛れ込んだような霧の都ロンドン〟の薄暗い怪しさが、また大きな魅力になっているのです。

ぜひそんな作品全体の魅力を、じっくり味わっていただければと思っております。Charles Raymond Macauley氏による挿絵も多数収録予定です。


2016年1月7日木曜日

「BOOK☆WALKER」にて販売開始です!

BOOK☆WALKER」にて《望林堂完訳文庫》の書籍が、一挙に12点、無事販売開始となりました。
望林堂もうりんどう〟で検索していただくと、一覧で表示されます。

  
  
185円(+税)となっていますが、200円(税込)ですので、Kindle、Koboと同じ価格です。
  
「試し読み」もできますので、「BOOK☆WALKER」ご利用の際には、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。


2016年1月6日水曜日

「BOOK☆WALKER」で出版審査通過!

この度、昨年末の「楽天Kobo」に引き続き、KADOKAWAグループの株式会社ブックウォーカーが運営する電子書籍サイト「BOOK☆WALKER」でも、《望林堂完訳文庫》が販売されることになりました。現在審査を無事通過し、24時間以内に12冊の販売が開始される予定です。


KADOKAWAグループの書籍やライトノベルに強いという印象があるサイトですが、他社作品や広いジャンルの作品を扱った総合的な電子書籍サイトへと変わりつつあるところで、そういう点では、逆に《望林堂完訳文庫》の名作児童文学が並ぶ意義が、十分あるのではないかと思っております。

ここで使われている電子書籍フォーマットは、2013年よりベーシックなepub3が採用されるようになり、現在では無料アプリをダウンロードすることで、iOSAndroidPC(Mac & Windows)で購入作品を読めるようになっています。

ちなみにこのepub3のデータ審査ですが、印象として「Kindle」<「Kobo」<「BOOK☆WALKER」の順で評価が厳しく、「BOOK☆WALKER」で販売開始となったことで、結果的に、より信頼度の高いepubデータを作ることができました。

もちろん「Kindle」でも「Kobo」でも、現在販売中のデータで表示に関してはまったく問題はありませんが、両方とも順次最新データに置き換えてゆく予定でおります。

BOOK☆WALKER」でも《望林堂完訳文庫》を、宜しくお願い申し上げます。


2016年1月1日金曜日

明けましておめでとうございます

今年が皆様にとって
素晴らしき年となりますように!
 
本年も望林堂を
よろしくお願い致します